ページトップへ

窓について | 注文住宅 家 広島 工務店 オールハウス

窓について

太陽熱の侵入を防ぎ、快適生活

住まいに流入する熱の約70%は窓からです

断熱性能を高めた家で、もっとも熱を通しやすい場所、それがです。窓の断熱性能を高めなければ、快適性や省エネ効果はぐんと低いものになってしまいます。窓はご存知のように窓枠とガラスから成り立っています。窓枠としてポピュラーなアルミサッシは、熱伝導率が非常に高いため現在では避けられることが多く、樹脂サッシや樹脂とアルミの複合サッシなどに取って替えられつつあります。窓ガラスには複層ガラス、Low-Eガラス、真空ペアガラスなどがあり、いずれも単板ガラスに比べて断熱性能を高める工夫がなされています。

高断熱と遮熱に優れた2つのタイプ“Low-E 複層ガラス”

 

標準

Low-E複層ガラスは、Low-E金属膜を施したガラスと板ガラスを使って中間に空気層を挟んだ高性能なガラスです。「断熱タイプ」と「遮熱タイプ」の2種類があります。

熱の出入りを低減させるには、「断熱タイプ」がオススメ。暖かい太陽光を取り込み、室内の暖房熱を逃しません。

また、外からの熱を低減させるには、「遮熱タイプ」がオススメ。熱い太陽の熱線をカットし、冷房効率を高めます。

Low-E 複層ガラス

Low-E 複層ガラス

日本中の家が「Low-E複層ガラス」になると、年間1700万トンのCO2が削減できます。

日本中の家が「Low-E複層ガラス」になると、年間1700万トンのCO2が削減できます。これは日本の全国民がひとり10本の「50年杉」を育てることと同じ量です。

Low-E 複層ガラス

軒があるかないかでも選ぶタイプは変わります

Low-E 複層ガラス

「断熱タイプ」でも、庇のしっかり出た部分なら、夏の熱線は庇でカットして、冬はぽかぽか陽気を取り込めます。

軒のない家はすべて「遮熱タイプ」
軒のあるところは「断熱タイプ」

と、使い分けるとさらに快適に

熱の出入りが最も多いのは窓からです

夏の冷房時 熱が入ってくる割合

冬の暖房時 熱が逃げ出す割合

グラフを見ると、冬の暖房時に家から逃げる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものは約半分。夏の冷房時に家全体に入ってくる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものは7割以上になります。冷暖房のムダを省き、効率よく利用するためには窓対策がもっとも重要です。

 

窓の断熱性能は、フレームとガラスで高まります。

冬 3℃も暖かい     夏 2℃も涼しい

                                    ※YKK AP HPより

オールハウスの標準仕様は屋外側・室内側ともに樹脂素材のフレーム(YKK AP APW330)を採用しています。樹脂は熱を伝えにくい性質があります。樹脂の熱の伝わり方はアルミの約1,000分の1ときわめて低いのです。そのため結露ができにくく、家が長持ちします。室内の熱のロスが少ない住まいほど、経済的な住まい。熱のロスは開口部からが大半を占めています。開口部から熱が逃げていかない工夫が家計に優しい家づくりの第一歩。窓ひとつで、住まいの性能も大きく変わります。

家計に優しい家づくり

                                    ※YKK AP HPより