ページトップへ

長期優良住宅 | 注文住宅 家 広島 工務店 オールハウス

長期優良住宅

長期優良住宅

全棟長期優良住宅仕様です

日本の住宅の寿命は欧米に比べて極めて短いとされています。
取り壊された住宅の平均築年数を見ると、日本は30年に対してアメリカは55年、イギリスでは77年です。
日本では高額の住宅ローンを返済し終える頃には住宅の価値がほぼ無くなってしまう状況です。
つくっては壊す消費型からストック型の家づくりへ向かうために全棟標準仕様で長期優良住宅の認定をクリアできます。

『いいものをつくって、きちんと手入れをして、長く大切に使う』

そんな想いで家づくりをしています。

長期優良住宅

長期優良住宅とは

長年にわたって良好な状態で使用できる優良な住宅を「長期優良住宅」と言います。「長期優良住宅」であるかどうかを認定する制度の柱となった「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成21年6月4日に施行されました。

長期優良住宅に認定されるには、基準値以上の耐震性・省エネルギー性・劣化対策・維持管理・バリアフリー性・可変性などが求められ、合わせて将来必要とされる維持保全の計画が必要となってきます。
オールハウスでは、元々、耐震性能・断熱性能が高かったため、従来の家づくりで長期仕様をほぼクリアしています。

大きく変わるのは、住宅の性能の数値を出すことと、メンテナンス計画を作成する、ということ。メンテナンス計画は、いつ・どのようなメンテナンスをしたらよいか、どれだけの資金が必要なのかなどがわかるため、将来の貯蓄計画をたてていただきやすくなります。

オールハウスの長期優良住宅 特徴

構造材には国産檜材を使用

土台、柱には無垢の国産檜材を使用しています。

>詳しくはこちら


改訂次世代省エネ基準最高ランク~省エネルギー最高等級4をクリア~

次世代省エネ基準とは、住まいの省エネルギー性を高め、地球温暖化対策に貢献するための基準。断熱性能・気密性・換気方式などに規定が設けられています。


気密数値がC値0.7以下をクリアできます

家にどれだけの隙間があるかを表す数値。この数値が小さいほど気密性が高く、冷暖房効率が良くなります。オールハウスでは全棟気密測定を実施(2015.10以降)しています。

>詳しくはこちら


耐震等級 最高等級3をクリア可能

阪神・淡路大震災レベルの震災の1.5倍の力に耐えることができる程度。

※注:ご要望プラン内容によっては不可能な場合もございます。地震保険などで耐震等級割引を受けるには、別途構造計算及び、住宅性能評価などでの特定の証明が必要になります。
      

  • 等級1 数百年に一度の震度6.7程度の地震の力に対して倒壊しない程度
  • 等級2 等級1の1.25倍の力に耐える程度
  • 等級3 等級1の1.5倍の力に耐える程度

劣化対策等級 最高等級3をクリア

サッシまわりの漏水を防止するウェザータイト、基礎内の通気を確保する基礎パッキンなどを使用しています。構造体の劣化を遅らせるための対策について、大規模な改修工事を必要とするまでの期間伸長の程度により評価されます。

  • 等級1 建築基準法に定める対策
  • 等級2 等級3と同じ条件下で改修時期を50年~60年まで伸長させる
  • 等級3 通常想定させる自然条件下や維持管理の条件下で改修時期を75年~90年まで伸長させる対策

維持管理等級 最高等級3をクリア

専用の給配水管およびガス管などの維持管理(清掃・点検・補修)を容易にする対策が評価されます。構造躯体と仕上材を傷めずに配管の維持管理ができる等級が3とされています。

  • 等級1 その他
  • 等級2 構造躯体を傷めずに配管の維持管理ができる
  • 等級3 構造躯体と仕上材を傷めずに配管の維持管理ができる

 

そんなに最高等級をクリアできるのはなぜ?

オールハウスでは100年、いや200年持つような家づくりを目指しています。そのためにこれまで培ってきた経験を充分に活かし、こまかな対策にもこだわり続けてきたから可能にできたのだと思います。そして、これからもさらなる進化を遂げるために日々研究を重ねていきたいと考えています。

基礎パッキング工法

劣化対策

従来の工法に比べ1.5~2倍の換気性能を発揮!床下全域の湿気を排湿できる良好な床下環境をつくることで断熱材の性能を維持できます。さらに土台の腐れを防ぎ、シロアリや腐朽菌を寄せつけない好条件をつくることになります。(シロアリ10年保証)

 

基礎パッキング工法

従来の工法

※コーナー部分は湿気がこもりやすい

 

基礎パッキング工法

※全周通気でコーナー部分もスッキリ換気


ウェザータイト

劣化対策

サッシまわりの躯体を漏水からしっかりと守り、サッシが万が一切裂した場合でも躯体内への侵入をしっかりと防ぎます。

ウェザータイト


アクアフォーム

省エネ対策

断熱性・気密性ともに優秀なアクアフォームで環境にもお財布にも優しい家に。

アクアフォーム


気密コーキング

気密対策

柱と床のわずかな間を埋め、床下からの隙間風を防ぎしっかり気密をとります。

 

気密コーキング


基礎貫通スリーブ

維持管理対策

万が一排水管のトラブルが発生しても、基礎を壊すことなく補修や点検を行えます。

 

基礎貫通スリーブ


プッシュマスター配管システム

維持管理対策

従来の工法と比べ、同時使用時でも流量変化が少なく、漏水の危険性が大幅に減少しました。また錆に強く、有害物質の発生はありません。柔軟性に富み、施工性・メンテナンス性などにも優れ、点検も容易に行えます。

 

プッシュマスター配管システム