ページトップへ

ZEHへの取り組み(目標公表) | 注文住宅 家 広島 工務店 オールハウス

ZEHへの取り組み(目標公表)

2014 年4 月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標が制定されました。

オールハウスは「平成28年度ZEHビルダー登録申請」を行い、以下の通り2020年度に向けたZEH普及目標を策定いたしました。

 

ZEH 受託率目標値(新築注文住宅)

平成28 年(2016 年)5%  実績値 0%

平成29 年(2017 年)15%

平成30 年(2018 年)20%

平成31 年(2019 年)35%

平成32 年(2020 年)50%

 

ZEH の周知・普及に向けた具体策

HP・広告・見学会などでZEHの告知を行う。

ZEH仕様のモデルプランを作成し、お客様へ提案を行う。

 

ZEH のコストダウンに向けた具体策

エネルギー効率の良い仕様を模索し、検討することで仕様によるコストダウンに取り組む。

設備関係については常に情報収集を行いコストパフォーマンスに優れた商品を採用する。

 

その他の取り組みなど

全棟気密検査を行い、C値0.7以下を目標とします。

熱交換型の換気システムを採用することで快適で健康的な住環境を提案します。