ページトップへ

夏涼しく、冬暖かい家 | 注文住宅 家 広島 工務店 オールハウス

夏涼しく、冬暖かい家

一年中快適で、エネルギーの浪費も防ぐ断熱システム

”夏涼しく、冬暖かい家”そんな住まいの基本は、屋根、壁、窓の断熱と気密にあります。オールハウスの住宅はそれらすべてに断熱性の高いものを使用しているので冷暖房効率が良くなります。気密・断熱性能を高めることで、家は魔法瓶の中のような状態になりますので、部屋ごとにエアコンをつけなくても1台か2台あれば十分なのです。エアコンを使うことが少なくなれば、冷暖房における消費エネルギーが削減され、節電にもなり、環境にもお財布にも優しくなります。太陽光発電と組み合わせれば、もっと環境保護に貢献できるのです。

>断熱性能についてもっと詳しく

 

水から生まれた環境にやさしい断熱材“アクアフォーム”

 

標準

アクアフォームは水から生まれた環境に優しい断熱材です。水を使って現場で発泡させることにより家全体を隅から隅まですっぽり覆ってしまう断熱工法です。無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームはグラスウール(10k)の約1.5倍以上の断熱効果を発揮します。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を侵入させないため、躯体内の結露を防止し、建物の耐久性を高めます。オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンガスを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材で、人への影響も考慮し、アレルギーなどの原因とされる有害物質やホルムアルデヒドも発生させません。暮らす人だけでなく施工する人にも施工性や安全性が配慮された優しい素材です。

アクアフォーム  アクアフォーム

アクアフォーム施工後

 

アクアフォームは他の断熱材と何が違うの?

硬質ウレタンフォームを現場の水の力により発泡し、吹付け施工する今までにない断熱材です。従来のグラスウールなどの断熱材は現場の施工部分に合わせてカットし、貼っていくため細かい部分に隙間ができてしまうことがありました。アクアフォームは硬質ウレタンフォームを現場で吹付け施工するため、配管などの障害物があったとしても、細かい部分にも充填でき隙間ができません。また、自己接着力により、高い気密性と安定した断熱効果を得ることができます。

安定した断熱効果

アクアフォーム棟とグラスウール棟
夏の小屋裏収納(冷房なし)比較小屋裏収納の内部:
温度スケールは29-41℃

 

70~80℃になる屋根からの熱を防ぎます“イーストボード”

 

オプション

イーストボードは、リサイクル木材90%以上の自然素材からできており、熱容量(容積比熱)が大きくたくさんの熱を蓄えることができるので、熱の移動を遅らせることができます。そのため夏の日射にも耐え、快適な涼しい空間をつくることができます。

 

イーストボード

熱容量の重要性

エコ先進国であるドイツをはじめEU諸国ではその断熱材の持つ熱容量が重要視されるようになってきています。熱容量をバケツに例えれば、その器が水をいかに蓄えられる容量なのかと同じように、どれだけ熱を蓄えられるかが熱容量です。熱容量の大きな断熱材であれば、それだけ熱の移動を遅らせることが可能になります。熱容量は熱伝導率と同等以上に大事な要素です。オールハウスでは勾配天井仕上げによる空間設計や小屋裏ロフト空間を設計する際に、特に天井断熱としてイーストボードの選択をお勧めしています。

 

調湿効果

木材特有の吸放湿性に富み、結露を防ぎます。その結果室内を快適に保つことができ、家も長持ちします。

木質廃材のリサイクル循環イメージ