ページトップへ

おしゃれで暮らしやすい間取りの家 | 注文住宅 家 広島 工務店 オールハウス

お客様の声Voice

おしゃれで暮らしやすい間取りの家

安佐南区 O様

 

安佐南区O様邸の建築体験記

った2回会っただけで、「オールハウスさんにお願いします」!

「『家を建てよう』と決めて、まず向かったのは住宅展示場。色々な家を見てまわった結果、『無垢の床がいい』という夫婦共通の希望はあがったものの、どの住宅会社も決定的な魅力に欠け、住宅雑誌を読み漁る日々が続きました。そんな中、2人の目に留まったのがオールハウスさんでした。」

奥様が、おっとりとした口調で家づくりを振り返ってくださいました。

「自然素材をふんだんに使っているところに惹かれ、すぐに完成見学会に足を運びました。見せていただいたのは、切妻屋根のかわいらしいお家で、雑誌で見た家とはまた違う雰囲気だったので、『こんな家も出来るんだ』と驚いたのを覚えています。そのとき原田専務にお話を聞かせていただいたのですが、たった1回で2人ともすっかり心を掴まれてしまいました。それまでも住宅会社の方の話を聞く機会は何度かありましたが、原田専務は何かが違ったんです。ガツガツしていないというか、全然営業っぽくない。すごくわかりやすく丁寧に説明していただいて、信頼できる方だと感じましたね。

まもなくショールームに相談に行ったのですが、その日のうちに『お願いします』と言っていました。お会いするのはまだ2回目だったのですが、迷いは全くありませんでした。元々は大手のメーカーで建てようと考えていて、オールハウスさんのことは全く知らなかったのに、もうよそは考えられない、というぐらいファンになっていましたから。」

 

 


 

初に出てきたプランが、ほぼ、この家です

間取りについては最初にあれこれと希望をあげさせてもらいました。

リビングは吹き抜けにしたい、リビング・ダイニング・キッチンを一直線上に配置したい、書斎を1階に設けたい、リビングとつながったウッドデッキが欲しい、キッチンから水廻りに直接行ける動線、和室が欲しい―。

最初に出してもらったプランが、まさに今のこの家。すべて願いが叶えられていたんです。

 

 


 

婦それぞれの願いを叶えた間取り

「特に、主人の念願だった書斎の配置にはビックリ。家族の気配を感じられるところに設けたい、と1階を希望していたのですが、スペースを確保するのは難しいだろうと、半ばあきらめていたので、『ここにもってくるか(驚)!』と本当に喜んでいました。リビング・ダイニング・キッチンまで見渡せる特等席で、もちろん一番のお気に入りの場所になっています。個室っぽく周りを囲っているのは、リビング側からパソコンや配線などの無機質なものを見えないようにするため。L字のカウンターも広々使えて大満足のようです。

リビング・ダイニング・キッチンの配置も、思い通りです。家族が見える対面式キッチンでお料理できるのがとっても幸せ。

そのまま洗面室に行ける動線は大正解でした。わんぱく盛りの息子がいるのですが、洗面室は玄関にも繋がっているので、泥んこになって帰ってきたときにお風呂に直行できて大助かりです。」

 

 


 

陽の光が差し込む階段と2階

「階段の位置も、自分たちでは思いつかなかったでしょうね。回りこむ形がおもしろいでしょ?階段そのものがインテリアの一部のようにアクセントになっていて気に入っています。上がっていっていくと、窓から明るい光が差し込んで、すごく気持ちがいいんです。

2階は、多目的につかえるファミリールームと寝室、子供部屋、あとはロフトも含めて収納スペースです。うちは3人家族だから、たくさん部屋数は必要ないので、スペースを有効に使いたい、とお願いしていました。ロフトは、『お子様の遊び場として使われた後、将来的には収納にも使えますよ』と専務が提案してくださいました。狙い通り子供は大喜び。お友達とお菓子を食べたり、おもちゃを持ち込んで遊んだりと大活躍です。」

 

 


 

葉にしなくても、察してくれた

「雑貨が好きなので、ニッチや飾り棚をたくさん作っていただくようお願いしました。1階の通路のニッチにはタイルが施してあります。これはオールハウスさんのショールームにお邪魔したときに、私が『いいな』とぽろっとこぼした言葉を覚えておいてくださって、あとから『あれ、つけておきましたよ』なんて。

リビングと繋がっている和室は、ここだけが”いかにも和”な雰囲気になってしまわないかな、と心配していたら、こちらから相談する前に、チェックの和紙を提案をしてくださいました。

どちらも、私たちの気持ちをわかってくだっているんだな、とうれしくなった思い出深いエピソードです。」

 

 


 

ールハウスに、しときんさい!」(笑)

「実際住み始めると、この家は本当に暮らしやすいです。嫌なところは1つもありませんね。自然と家族がリビングに集まって、いつも同じ空間に一緒にいられるので、会話も増えました。

夫と家づくりを振り返るとき、いつも『ラクさせてもらったね』と話しています。何だか変な感想かもしれませんが、私たちの『ああしたい、こうしたい』という思いを、120%汲み取ってくださるので、楽しく着々と進めることが出来た、という印象が強いんです。よく「注文住宅づくりは根気が必要」という話を聞きますが、私たちにはそういうストレスが全くなかったんですよね。

夫曰く、『大満足の家づくりがしたいなら、オールハウスさんにしときんさい!』(笑)。私も冗談抜きに、”人”が一番大事だと思います。オールハウスさんとは、いつも落ち着いて話ができたし、希望も気兼ねなく伝えられ、最初から最後まで安心してお任せできました。おかげでこんなに素敵な家ができて、本当に感謝しています!」