ページトップへ

シンプルデザインが鍵 北欧モダンの家 | 注文住宅 家 広島 工務店 オールハウス

お客様の声Voice

シンプルデザインが鍵 北欧モダンの家

西区 H様

中区H様邸の建築体験記

がベタ惚れ。オールハウスの遮熱・断熱、素材。

「オールハウスさんを見つけてきたのは夫です。ホームページがきっかけでした。なかなか乗り気のしない私を、何とかモデルハウスや見学会に連れ出そうと必死の夫。重い腰を上げて見に行ったものの、やっぱりテンションはイマイチあがりません。

一方夫は、遮熱・断熱などの構造や素材が、ホームページで見ていた印象通りの、安心できるものだ、と確信したらしく「どうしてもオールハウスさんで建てたい」と、更にベタ惚れ。建てる気マンマンの夫と、正反対の私。さぁ、大変です…。」

 

 


 

度しぼんだ、夢

「どうして私がそこまで消極的だったかというと、別の会社で一度家づくりに失敗しているから。

順調に進んでいると思われた家づくりが、ある出来事がきっかけでトラブルとなり、先に進めることができなくなってしまったのです。

私はそのメーカーのデザインがかなり気に入っていたし、スタッフの方とも、とても親密にコミュニケーションがとれていました。なのに、手のひらを返したような態度をとられるわ、夢のマイホームは手に入らないわで、精神状態はもう、どん底。

すっかり家づくりへの意欲は萎えてしまいました。」

 

 


 

切り発車?!オールハウスとの家づくりがスタート!

「それでも夫の説得は続き、私もそこまで言うならと、半ばその情熱に押し切られるような形で、ついにお願いすることに決めました。だけど、私の中の不安はまだまだ消えません。失礼な話かもしれませんが、地鎮祭の頃まで『本当に私の建てたい家が建てられるのかな』と思っていたぐらい。

原田専務や、現場監督の安藤さんたちと、現場でああでもない、こうでもないと言いながら細かいところを詰め始めたころ、ようやくワクワクできている自分がいました。

オールハウスさんがいつも、『楽しい家づくりにしましょうね!』と言ってくださっていたのが印象的です。持っている家具のサイズを全部計ったり、飾り棚の高さやペンダントライトの長さをいつも実物に近いもので確認したりと、地道な作業が多かったのですが、1つ1つ自分たちで決めていける安心感と充実感がありましたね。」

 

 


 

頼関係までの道のり

「そんな中、実は家づくりを心から楽しめなくなってしまった時期もありました。
だけど、脳裏には一度目の悪夢がよぎります。『また失敗しちゃうのかな』『やっぱり建てられないのかな』―。

その心境を思い切って現場監督の安藤さんに打ち明けてみました。

すると、すぐに原田専務が飛んできてくれて。このときの専務の顔、誠意に満ちた対応を、私は今でも忘れられません。『あぁ、この人は心から私たちのことを考えてくれているんだなぁ。』と感動しました。ホームページの日記に書かれていた安藤さんと大工さんの、我が家に対する熱い想いにも胸を打たれました。

そこからはオールハウスさんを120%信頼することができ、心の底から楽しい家づくりの再開です!」

 

 


 

い経験も今ではいい思い出

「ここまで来るのに本当に色々あったのですが、大満足の家を建てられた今、全ていい経験だったな、と思えるようになりました。家づくりで大事なのは、最終的には人間関係。このことを一番実感しているのは、私たちかもしれません。ここまでしていただいて、オールハウスさんには本当に感謝しています。

こだわりがたくさんある人には、オールハウスさんのような工務店を是非オススメしますね。そして、やりたいことは、とりあえず言ってみること。実現が難しいことでも、『できない』ではなく、『こういう方法はいかがですか?』と提案してもらえますよ。」

 


 

ンテリア好きの奥様がたどり着いた『北欧モダン』

「ママ友達から見学させて!と人気の我が家。近所では『あのお家、すごいらしいよ!』と、ちょっぴり噂になっているようです。

元々インテリアや雑貨が大好きで、これまでもいろんなジャンルにハマってきました。アンティークだったり、アジアンだったり。そんな私が求めたのは、どんなテイストにも染められる、シンプルな北欧モダンの家。狙い通り、これまで集めていた小物たち1つ1つが、存在感を示しつつも、調和のとれた落ち着ける空間を実現できました。

真っ白な壁ってすぐに汚れてしまうのでは?とよく心配していただくのですが、真っ白だと汚れが目立つから、すぐに拭いてきれいにする。その習慣が身につけば、逆に、案外汚れにくいんじゃないかなって思っています。」