ページトップへ

【廿日市市T様邸】ミニマルデザインにトリプルガラスを携えた、新省エネルギー基準を大きくクリアする家 | 注文住宅 家 広島 工務店 オールハウス

完工レポート

  • 全ての物件
  • すべての物件

【廿日市市T様邸】ミニマルデザインにトリプルガラスを携えた、新省エネルギー基準を大きくクリアする家

  • 建築中レポート

1.2015年09月08日
基礎工事着工
基礎工事着工
基礎工事着工
本日より基礎工事開始します。

建物全谷砕石を敷きます。
2.2015年09月10日
防湿シート
防湿シート
防湿シート
建物全体に敷いているのが、防湿シートです。
地中からの湿気を建物本体に上げないようにするために敷いています。
3.2015年09月18日
ベースコンクリート打設(ダセツ)
ベースコンクリート打設(ダセツ)
ベースコンクリート打設(ダセツ)
基礎の底になる部分にコンクリートを流し込みました。

この後、いい天気が続くので絶好の養生期間になります。
コンクリートは水分が蒸発し乾燥進むにつれて強度が増すので、
天気がいいことはとてもいいことです。
4.2015年09月25日
コンクリート打設・2回目
コンクリート打設・2回目
コンクリート打設・2回目
前回は、基礎の底部分にコンクリートを流し込みました。

今回は、1階の柱が乗る部分(立上り)にコンクリートを流し込みました。
基礎工事全体を通して、天候に恵まれているのでこの後の養生期間も問題ないです。
5.2015年09月29日
外部配管工事
外部配管工事
外部配管工事
基礎工事完了に伴い、建物の外に排水(汚水・雨水)が通る道を
工事していきます。

水道業者の職人さんが小さいショベルカーやスコップで掘っていきます。
掘っていく際にでた土は、一時的に基礎の中に入れ道が出来たら埋め戻します。
工事が完了するときには基礎はきれいな状態になっています。
6.2015年09月29日
コンクリート・3回目&基礎工事完了
コンクリート・3回目&基礎工事完了
コンクリート・3回目&基礎工事完了
コンクリート3回目は玄関部分。

少しわかりにくいですが、灰色の濃さが濃いところが今日流したところです。

濃いところで立上りがない部分がありますが、そこが玄関です。
玄関までの階段もこのタイミングで作ります。
工事終盤で表面を仕上げていきます。
7.2015年10月01日
基礎全景
基礎全景
基礎全景
本日は生憎の雨。

外回りの排水管埋設工事は完了しました。
基礎内に水が溜まりますが、各所に水抜き穴を設けてますので、
池のようになることはないです。

上棟前準備(土台敷き)時には、水を出して乾かしてから作業します。
8.2015年10月03日
足場工事
足場工事
足場工事
いよいよ上棟作業前準備が始まりました。

上棟作業はもちろん、外壁・屋根工事に必要な足場を組みました。
画像は途中経過です。
9.2015年10月03日
墨出し
墨出し
墨出し
上棟前作業の一つに土台敷き作業があります。

その作業の前に行う作業を『墨出し』といいます。
基礎の上に木材を敷き並べていきますが、その際に
基準となる線をつけていく作業です。
この作業は現場の大工さん(棟梁)が行います。
なので、この背中は棟梁ってことになります!!

棟梁は後日載せますので、お楽しみに。
10.2015年10月05日
足場組完了
足場組完了
足場組完了
先日の足場組作業が完了しました。

上棟日には青い色のメッシュシート(ほこりやごみの飛散防止のため)を
張っていき、上棟作業終了時にはすっぽり覆う形になります。

足場は外観が完成するまでそのままなので、もうしばらくお待ちください。
11.2015年10月06日
土台敷き作業後
土台敷き作業後
土台敷き作業後
上棟日当日の作業に備えて、棟梁が金物の準備しています。

当日が楽しみです。
12.2015年10月06日
床合板敷きこみ
床合板敷きこみ
床合板敷きこみ
最後に床合板を敷きこんで土台敷き作業は終了です。

後は、当日の作業が無事終わることを祈るばかりです。
13.2015年10月06日
床断熱材敷きこみ
床断熱材敷きこみ
床断熱材敷きこみ
床断熱材を先程の四角いマスにはめ込みます。

足場の影になって見づらくなってすみません。
14.2015年10月06日
土台敷き・金物
土台敷き・金物
土台敷き・金物
鋼製束

写真の使い方をします。
基礎(コンクリート)と木材を突っ張ります。
15.2015年10月06日
土台敷き
土台敷き
土台敷き
穴を空けた木材を基礎の上に並べて格子状に組んでいきます。

モグラたたきのように四角いマスの中井黒い頭が出ていますが、大工さんたちが鋼製束(金属製の突っ張り棒のようなもの)の高さ調整をしています。
16.2015年10月06日
土台敷き開始
土台敷き開始
土台敷き開始
今日は土台敷き日。上棟前準備の一つです。

木材に穴をあけてる大工さんが棟梁の吉川大工です。
この作業をしないと始まりません。
17.2015年10月07日
上棟作業全行程終了
上棟作業全行程終了
上棟作業全行程終了
今日1日お疲れ様でした。

これで、本日の全行程が終了しました。
また翌日から建物完成へ向けての工事が進んで行きます。

引き続き宜しくお願いします。
18.2015年10月07日
上棟:屋根ルーフィング施工
上棟:屋根ルーフィング施工
上棟:屋根ルーフィング施工
上棟作業は終了しましたが、引き続き工事は進みます。

大工さんが施工した野地板の上にルーフィング(職人さんが持っている紫の防水シート)を貼っていきます。
これを貼ることで、雨水が直接建物内に入ることを防ぎます。
19.2015年10月07日
上棟:上棟作業終了
上棟:上棟作業終了
上棟:上棟作業終了
お疲れ様でした!!

無事、事故・けがなく作業が終わりました。
ただし、あくまでもメインの作業が終わっただけです。
20.2015年10月07日
上棟:屋根野地板(のじいた)張り
上棟:屋根野地板(のじいた)張り
上棟:屋根野地板(のじいた)張り
野地板(のじいた)とは、屋根用の合板のことです。

写真の右側が野地板を張り終えたところ、左側がアクエアーを施工し終えたところでこれから野地板を張っていきます。
21.2015年10月07日
上棟:アクエアー
上棟:アクエアー
上棟:アクエアー
屋根用の合板を張る前に、大事な作業があります。

大工さんが何かを垂木の間に止めていってますが、これがアクエアーです。
上棟後断熱工事の際に重要なものになってきます。
垂木の間に空気が通る空間を作るために施工しています。
その空間を作ることで小屋裏部分に通気層を設けることが出来ます。
22.2015年10月07日
上棟:屋根垂木(たるき)
上棟:屋根垂木(たるき)
上棟:屋根垂木(たるき)
上棟:屋根垂木(たるき) 屋根の基を作ったら、屋根用の合板を張るための下地を作っていきます。

規則正しく並んだ斜めの木材を垂木(たるき)と言います。
この上に合板を張っていきます
23.2015年10月07日
上棟:小屋組み2
上棟:小屋組み2
上棟:小屋組み2
全体の写真です。

屋根の形状がわかると思います。
24.2015年10月07日
上棟:2階小屋組み
上棟:2階小屋組み
上棟:2階小屋組み
小屋組みとは、屋根裏部分の骨組みです。
屋根形状のも基となる部分の作業です。

ちなみに、この高さは地面から6mぐらいの高さです。
私は足場から撮っています。
25.2015年10月07日
上棟:2階建て方
上棟:2階建て方
上棟:2階建て方
荷受けの作業が終わり続いて2階部分の作業です。

作業内容は1階建て方と同じですが、柱や梁の位置・形状も一緒というわけではありません。
一つ一つ確認しながら進めます。
26.2015年10月07日
上棟:2階材料荷受け
上棟:2階材料荷受け
上棟:2階材料荷受け
床となる構造用合板(フロア材はこの上に張っていきます)を全体に張り終えたら、2階で使う材料を入れていきます。

その中にはこの後の作業で使う、2階の柱や梁もあります。
27.2015年10月07日
上棟:2階構造用合板敷き
上棟:2階構造用合板敷き
上棟:2階構造用合板敷き
先程の作業の後、梁と梁の間に小さい梁(小梁)を入れていき、2階の構造用合板を張っていきます。

一人の大工さんが釘で合板と梁に止めていき、ほかの大工さんが右方向に置いてある材料を取に行きます。
28.2015年10月07日
上棟:1階建て方
上棟:1階建て方
上棟:1階建て方
T様、本日はおめでとうございます。

天気は快晴で絶好の上棟日和!

1階の建て方...1階部分の作業です。
柱を建てて、梁をつないでかけや(木製のかなづち)の音が響きます。
29.2015年10月08日
屋根葺き材
屋根葺き材
屋根葺き材
メインの屋根に使う材料が納品されました。

品番と色に間違いはなかったです。
この後、職人さんとの日程をすり合わせて張っていきます。

屋根材が張れたら、屋根からの風雨に確実に耐えれます。
張り終えるのをお楽しみに。
30.2015年10月08日
窓台・まぐさ
窓台・まぐさ
窓台・まぐさ
この画像ですが、真ん中の方に大きな隙間が横長にはいっています。

この隙間にサッシ(窓)が入ります。
その窓が入る空間(隙間)の下側の木材を「窓台」、上側を「まぐさ」といいます。
31.2015年10月08日
筋かい
筋かい
筋かい
昨日、無事上棟作業が終わり木造住宅のメイン工事となる木工事が始まりました。

画像の真ん中の木材が×(クロス)になっているものが筋かいです。
簡単に言えば、揺れを抑える働きがあります。
32.2015年10月09日
屋根工事
屋根工事
屋根工事
先日納品された屋根の仕上げ材を施工していきます。

3人の職人さんできれいに張り並べていきます。
一枚一枚を並べ、釘で止める作業を屋根全て張り終えるまで続けます。
33.2015年10月09日
ウエザータイト張り
ウエザータイト張り
ウエザータイト張り
サッシ(窓)を取り付けるところは全てこの緑色のシートを張っていきます。

サッシ周りの防水性能が高く、水(雨)漏れを防いでくれます。
ただし、防水方法が異なるためバルコニー(ベランダ)周りは張りません。
34.2015年10月09日
ダイライト張り
ダイライト張り
ダイライト張り
外周部にダイライトを張っていきます。

サッシ(窓)や玄関以外のところの外部の壁は全てこの板を張っていきます。
35.2015年10月09日
柱脚コーキング
柱脚コーキング
柱脚コーキング
1階の柱と床の構造用合板の隙間をコーキングで埋めます。

この処理を行うことで、床下からの隙間風を防ぐことが出来ます。
36.2015年10月12日
玄関ドア施工
玄関ドア施工
玄関ドア施工
家の顔ともいえる玄関ドア付きました。

木の風合が前面に出されていておしゃれですよね。
工事後半に色を塗っていくのですが、また違った顔をしてくれます。

しばらくはこのままで床と同じように養生で覆います。
37.2015年10月12日
バルコニー下地作業
バルコニー下地作業
バルコニー下地作業
画像の作業は何をしているかわかりますか?

バルコニーの床面の下地を作っています。
最終の仕上げは別の業者さんになりますが、大元となる勾配や床面自体は大工さんが作ります。
この画像ではわかりにくいですが、手前が高く奥が低くなるように計算されています。
38.2015年10月12日
1階床張り
1階床張り
1階床張り
今日から床の仕上げ材を張っていきます。

ちょうど、掃出し窓の周辺から張っていってます。
この床の仕上げを見れるのは美装後になると思います。
それは、床張り→養生という順に作業を進めていくため張っている最中に見ないと最後まで見れません。
養生をするのは、単純にキズやへこみを防ぐためです。
39.2015年10月12日
屋根工事完成
屋根工事完成
屋根工事完成
先日の作業が進み、屋根葺き材の施工完了しました。

これで雨の心配がなくなりました。
黒いものが屋根材にへばりついているように見えますが、あれは「雪止め」です。
屋根に積もった雪を一時的に雪止めで留め日中の温かさで融かし一度に落ちる雪の量を調整するためにあります。

近年は積もらないと思われていた地域で積もるようになったため、場合によっては大変重要なものになってきています。
40.2015年10月13日
中間検査
中間検査
中間検査
役所の中間検査という検査を受けました。

中間検査とは、着工図の中の仕様書や図面通りに工事が進んでいるかどうかのチェックをしてもらいます。主に、金物の取付状況や耐力壁の施工状況などを確認してもらいます。

検査結果は問題ありませんでした。

引き続き工事を進めていきます。
41.2015年10月15日
バルコニー施工
バルコニー施工
バルコニー施工
バルコニーの床を施工しました。

と言っても、写真の青いシートは養生です。
実際の色は壁周りの灰色です。

スカイプロムナード工法というあまり聞きなれない名前ですが、一般的な防水工法のFRP工法に比べ強烈な刺激臭がなく施工が容易なとくちょうがあります。
この養生はクリーニング後に見れます。
42.2015年10月16日
電気配線工事
電気配線工事
電気配線工事
電気業者さんが先日打ち合わせした内容で電線を設置していきます。

写真はコンセントを設置しているところです。
43.2015年10月16日
2階床張り
2階床張り
2階床張り
2階の床を張っていきます。

2階と1階で床の種類が違います。
床材の裏面にボンドを付け張っていきます。その後小さな釘で固定していきます。
44.2015年10月17日
防水シート張り
防水シート張り
防水シート張り
今まではピクニックに持っていくようなシート張ってましたが、
『透湿防水シート』というシートを家全体に張っていきます。

これで今までのシートとはおさらばです。

外周部の次の工程は通気胴縁張り、ラス板張りです。
ラス板後の建物見るとログハウス?みたいな外観になります。
なりますが、ログハウスではありませんのでお間違いなく。

45.2015年10月20日
アクアフォーム施工後
アクアフォーム施工後
アクアフォーム施工後
アクアフォーム施工後です。

きれいにそろえられています。
まだ、作業中のため床が汚れてますがきちんと片づけて終わります。
46.2015年10月20日
アクアフォーム養生調整
アクアフォーム養生調整
アクアフォーム養生調整
モコモコ吹いて行ったあと、すぐに硬くなります。

その後、真ん中の職人さんが柱に付いたアクアフォームを落とし、規定より厚くなった部分の厚みを調整していきます。

アクアフォーム施工の流れは、
全体養生⇒断熱(モコモコ)施工⇒厚み調整⇒養生撤去⇒掃除・片づけ⇒完了
となります。
47.2015年10月20日
アクアフォーム施工中
アクアフォーム施工中
アクアフォーム施工中
ただいま施工中!

アクアフォーム(発砲系断熱材)が膨れていく瞬間を動画で取れたらよかったのにと、思いましたが写真でお許しください。

モコモコ具合が楽しいです。
この職人さんがモコモコさせていきます。
48.2015年10月20日
アクアフォーム施工
アクアフォーム施工
アクアフォーム施工
断熱工事を施工します。

トラック内で原料となる液体を現場へ直送します。
49.2015年10月20日
通気胴縁施工
通気胴縁施工
通気胴縁施工
外部の防水シート張りが終わりましたので、引き続き作業に入ります。

通気胴縁施工です。
画像のサッシ(窓)横の縦に張った木の板です。

この後、大工さんが横に板は張り付けていきます。
縦の板の厚みが1.8cm。この厚みが空気層になります。
基礎付近から屋根上まで空気が通る道(トンネル)が出来ます。
50.2015年10月22日
内部透湿シート張り
内部透湿シート張り
内部透湿シート張り
断熱検査のチェック事項の補足として、バルコニー下の透湿シート張りというものがあります。

これはバルコニーの床部分は外気に接するので温度差が内部との間で生じます。それを防止させるために断熱工事(アクアフォーム)を施工します。
その下に透湿シートを張ります。

写真のピンク(またはオレンジ)色のものです。
51.2015年10月22日
断熱検査
断熱検査
断熱検査
『もみじの家』仕様は特別な検査があります。

タイトルにある「断熱検査」というものです。
簡単に説明すると、断熱工事(アクアフォーム)がきちんと仕様通りの厚みで施工されているか、未施工の部分がないかといった断熱部分のチェックが一つ。
サッシ(窓・玄関)が仕様通りの商品になっているかのチェックが一つ。
主に以上のことを検査します。

この検査が不合格の場合は、内部のボードが張れないのと、場合によっては断熱工事を再施工する必要があります。

今回の検査は、問題なく合格しました。
おめでとうございます!
52.2015年10月22日
UB(ユニットバス)断熱工事
UB(ユニットバス)断熱工事
UB(ユニットバス)断熱工事
UB…お風呂が入るスペースの基礎部分の断熱は仕様上は立上り部分だけですが、基礎の底部分も一緒に断熱します。

材料は土台敷き作業時に使用する断熱材と同じもので厚みが違います。
基礎のコンクリート部分をすっぽり覆うことで、より断熱性を高めています。
青やピンクの色したものがニョキニョキはえてますが、青色ホースがお水。ピンク色ホースがお湯。で手前のグレー色したものが排水となります。
53.2015年10月23日
ハイクリーンボード搬入
ハイクリーンボード搬入
ハイクリーンボード搬入
断熱検査が合格したので大工さんの作業が進んで行きます。
その作業に必要不可欠な壁と天井のボードを現場に入れていきます。

写真は2階分の材料を入れてます。
2階の掃出しサッシ(人が出入りできる窓)から入れるのであの場所です。
ちなみに、1階や2階に大きな開口がない場合は人力です。大工さんが手伝ったりして運びます。
54.2015年10月27日
壁ボード張り
壁ボード張り
壁ボード張り
内部の壁ボードを張っていきます。

大工さんが電動のこぎりでボードをカットしていきます。
2階は半分ぐらい張り終えてます。
これから1階に入ります。
55.2015年10月30日
玄関ポーチ天井施工
玄関ポーチ天井施工
玄関ポーチ天井施工
写真は玄関ポーチの天井部分を施工しています。

白い板はケイカル板という板です。
この上にパイン材を張っていきます。

木材を直接張り火災が発生した場合、そのまま木材は燃えてしまい建物内に火の粉が周り直接的に被害が出るためケイカル板を張り火の侵入を防ぎます。

仕上がってしまうと見えなくなってしまいますが、重要なひと手間です。
56.2015年10月30日
ラス板張り
ラス板張り
ラス板張り
先日、外周部に通気胴縁を縦に張りましたがその次はラス板という木板を張っていきます。

写真のラス板張りですが、色の違いが分かりますか?
玄関ドアの取っ手までが緑色の板を張っています。
これは防腐・防蟻剤が注入されているラス板を使っているからです。

この作業が外周部全面施工が終わると、左官工事に入っていきます。
57.2015年11月02日
屋内給排水設備工事
屋内給排水設備工事
屋内給排水設備工事
職人さんがこれから床下に入り、給排水管の接続工事をします。

個人的ですが、この職人さんには以前からお世話になっていていろいろ教えてもらっています。
迅速かつ正確な仕事をされます。
任せて安心です。
58.2015年11月02日
玄関ポーチ天井仕上げ
玄関ポーチ天井仕上げ
玄関ポーチ天井仕上げ
玄関ポーチの天井に羽目板仕上げをしました。

壁部分はまだ左官工事が入ってくるので、見た目がかわります。
玄関ドアとの風合がいい感じです。
59.2015年11月16日
建具枠取付
建具枠取付
建具枠取付
室内の扉が付くところに枠をつけていきます。

建具枠が付くことでよりイメージがわきやすくなります。
建具(扉)は大工工事の終盤に付きます。
60.2015年11月17日
窓枠取付
窓枠取付
窓枠取付
扉の枠をつけたら、次はサッシ(窓)の枠をつけます。

この画像では、分かりにくいですが木枠が窓の四面についています。
大工工事後に塗装をするとよりはっきりわかるのでしばらくお待ちください。
61.2015年11月18日
2階天井ボード張り
2階天井ボード張り
2階天井ボード張り
2階の天井ボードを一部張りました。

その一部は吹抜け部分。
画像は1階から見上げたものになります。
画像の右上に下地を組んだ状態になっていますが、最終的には全て張ります。
62.2015年11月20日
三角屋根の間仕切り壁
三角屋根の間仕切り壁
三角屋根の間仕切り壁
現場内のとある場所。

三角屋根の間仕切り壁が姿を現しました。

以前、R壁(三角部分が半円状態)の壁を担当しましたが、どちらもいいですね。
半円状はやわらかく・かわいい感じ。三角状はシャープでカッコいい感じ。
どちらがいいかは好みしかないかなと思います。
63.2015年11月20日
バルコニー天井軒天工事
バルコニー天井軒天工事
バルコニー天井軒天工事
画像はバルコニーです。

天井は化粧軒天仕様です。
つまり、この画像のままで塗装などの仕上げ処理はしません。ということです。

どんなふうに仕上がるのか外壁の仕上げが楽しみです。
64.2015年11月20日
天井下地組
天井下地組
天井下地組
天井の下地を組んでいます。
弊社の図面で『野縁(のぶち)』という項目がありますが、画像で一方行に組んでいる木材が野縁です。

この、野縁の下に天井ボードを張ることで、11月18日の画像のようになっていきます。

余談ですが、画像の天井から黒く太い棒が付いてますが、これが『防振吊木(ぼうしんつりぎ)』という部材です。樹脂製で上階の振動を階下に伝えることを抑えてくれます。あとは、天井にボードを張るのでその荷重を支える役割もあります。
65.2015年11月20日
24時間換気システム取付
24時間換気システム取付
24時間換気システム取付
四角形の箱にホースや線がいっぱい引っ付いているこの機械が24時間換気システムです。

完成時には天井の裏に隠れてしまうのでなかなか全貌が明らかになることがありません。
完成時は天井点検口をあけてメンテナンスやお手入れが出来るようになります。

この機械をざっくり簡単に言うと、外の空気を取り入れて各部屋へ空気を供給し増えた分の空気を吸い込み外へ放出するという流れです。汚れなども除去します。何よりボタン一つで24時間換気ができます。この画像の機種以外にも色々なメーカーさんが換気システムの商品がありますが、先程の内容は標準装備されているものが多いです。

この画像の機種を使用する理由としては、他機種と比べて温度・湿度の高低差が少ないこと。夏場、外が35℃、中が27℃の時に換気システムを可動したら先程の流れでいうと35℃の空気を室内に取り込んだ時はそのまま「35℃」と思われますが、なんと「28℃」になります。なぜそうなるかというと、特殊なフィルターがあるからです。このフィルターがあるので高い水準を維持できます。

この機械の最も活躍する季節は、夏と冬。アクアフォームの断熱性能と合わせると快適性が抜群に高いです。

難しいお話しましたが、これからはより省エネ(ECO)な家が普及していきます。その際にも、知っていて損はないと思います。
66.2015年11月21日
外壁左官工事始まります!
外壁左官工事始まります!
外壁左官工事始まります!
最近、雨天が続いてましたが今日から外壁の左官工事を始めます。

と言ってもすぐに塗れないのが左官工事。
下準備から始めます。

工程をざっくり書くとこういった流れです。
①防水シート張り→②ラス張り→③下塗り→④ネット+中塗り→⑤上塗り(仕上げ)
この工程は進捗ごとにお伝えしたいとは思ってます。

画像は①の最初です。ラス板という木の板の一番下の段の端に見切り材をつけていきます。
67.2015年11月23日
ラス張り完了
ラス張り完了
ラス張り完了
木板を張っていましたが、その上に『モルタルラミテクト』という、通気シートを張りさらに『ラス』という、針金を編んだものを止めていきます。

このラスというのは、基礎工事の際に出てきた鉄筋と同じ役割を果たします。
外壁の塗料はモルタル(セメント+水)を塗り固めて下地を作り仕上げていきますが、ただ、モルタルを壁に塗っただけでは崩れ落ちてしまうので、ラスにモルタルを絡ませることで崩壊を防ぎます。

お家が戦国時代の鎖かたびらを着た感じの外観になっています。
68.2015年11月25日
階段施工
階段施工
階段施工
階段を施工していきます。

あと、階段下の棚を作っている最中です。
この状態に壁を張って手すりをつけて...
変わっていきます。

現場の楽しみ方の一つです。
少しづつどこかの部分が出来ていくのを見ていくと楽しいです。
69.2015年11月26日
左官工事 開始!
左官工事 開始!
左官工事 開始!
いよいよ左官工事 開始します。

今は下塗り段階。
先日までくさりかたびらを着ていたお家がセメント(グレー)色に染まります。
下塗り・中塗りはあまり間を置かず塗っていきます。
中塗りが終わった時点で、約1週間ほど養生期間をとり、しっかり乾かします。
その後、選ばれた外壁の色でお化粧していきます。
ちなみに画像の職人さんは『竹内左官』さんです。
親子でされてます。画像の職人さんは息子さんです。
70.2015年11月26日
階段施工 続き
階段施工 続き
階段施工 続き
昨日は階段の上り口でしたが、今日は最後の直階段部分施工です。

吉川大工さんが匠の技を最大限に発揮して施工中です。
明日からは安全に登り降り出来ます。

あっ、手摺りはまだ少し先です。
71.2015年12月02日
左官工事 下(中)塗り 完了
左官工事 下(中)塗り 完了
左官工事 下(中)塗り 完了
建物一体が薄いグレー色になってます。

左官工事での下塗り、中塗りが終わり雨が降るときもありましたが、順調に乾いている証拠です。
もう少し感想させてからいよいよ仕上げていきます。
72.2015年12月03日
三角屋根の出入り口
三角屋根の出入り口
三角屋根の出入り口
三角屋根の出入り口。
以前アップしましたが、それとは別のところの三角屋根の出入り口。

違いが分かりますか?
以前のはまだ仕上がってないのでわかりにくいですが今回のは開口部分に木の枠が付いてマス。

後は、出入り口の両サイドにお施主様チョイスのガラスも組まれています。
もう1個もちゃんとついてますので、ご心配なく。
73.2015年12月03日
階段下スペース
階段下スペース
階段下スペース
前回、階段の続きを施工し内装用ボードを張り終えました。

画像右側に例のアレが付きます。
ちなみに、画像が切れていますが下にはアレがしっかりついています。

アレについては現場を見て下さい。
お楽しみに。
74.2015年12月09日
外壁 左官工事完了
外壁 左官工事完了
外壁 左官工事完了
天気が続き、外壁の仕上げ塗り工事が終わりました。

パターン打ち合わせで決めた塗り方で仕上がってます。
いよいよ、足場の解体も目前です!

ちなみに、この玄関ドアがあと数日後にはお化粧をする予定です。
今までのドアが載っている画像と見比べていただけると徐々に変わってきているのがわかって楽しいですよ。
75.2015年12月09日
階段 手摺り付きました。
階段 手摺り付きました。
階段 手摺り付きました。
手摺り付きました。

このタイプの手摺りが付くとゴージャスな感じが出てくるのは私だけでしょうか?
良く見ると、手摺りに照明が当たり影の手摺りが壁にできています。
まるでもう一本ついているかのようです。

ここが付いているということは、2階のあの場所もついています。
76.2015年12月09日
キッチン周りの造作終了
キッチン周りの造作終了
キッチン周りの造作終了
画像中央にキッチンが付きます。

左側には壁で隠れていますが、食器棚が付いています。(後日、アップします)

キッチンが付くとまた雰囲気が良くなるのでお楽しみに。
77.2015年12月10日
キッチンが付きました
キッチンが付きました
キッチンが付きました
システムキッチン施工完了しました。

大きな開口はまだ内緒です。
78.2015年12月10日
こんなところに足場が。
こんなところに足場が。
こんなところに足場が。
この画像を撮ったのは、2階です。

2階の廊下に出現した足場、なぜ?

⇒1階と2階をつなぐ吹抜け部分。仕上げ工事をするのにどうしても足場が必要です。
長い脚立はありますが、作業上危険で効率が良くないので足場を組んでいます。そうすることで安全かつ効率よく作業が進められます。

この足場があることで、吹抜けの内装・左官・電気工事が出来ます。工事終了時には解体します。
79.2015年12月11日
玄関ドアがお化粧しました。
玄関ドアがお化粧しました。
玄関ドアがお化粧しました。
今までの玄関ドアの画像を見比べてください。

違いが分かりますか?

そうです。
玄関ドアがお化粧しています。
淡い水色。

ただ、この時点ではガラスの格子の色がもとのままでしたが、とある方法で取り外し現在お化粧をし取り付けのため出番を待ってもらっています。
80.2015年12月11日
この職人さんが..
この職人さんが..
この職人さんが..
画像の職人さんが玄関ドアにお化粧をしてくれました。

色によって回数が異なります。
この淡い水色は最低3回する必要があります。

画像は2回目。後日、完全に乾かし汚れを落とし3回目を塗ります。
81.2015年12月11日
造作食器棚
造作食器棚
造作食器棚
キッチンの反対側に作り付け家具としてついています。

ただし、まだ完成していません。
この後にいろいろつけるものが多いので、骨組みだけ完成!
っと、思ってください。
82.2015年12月11日
棚板塗装しました。
棚板塗装しました。
棚板塗装しました。
階段下の棚板に色が付きました。

正確に言うと、クリア色です。
クリアと言っても透明ではないです。
塗装していない板に塗ると、板の白い部分に色がついてオレンジ色みたいになります。
商品的には『クリア』です。
83.2015年12月11日
アレが付きました
アレが付きました
アレが付きました
洗面所でこれまで、アレが付くと言ってきましたがいよいよ付きました。

画像の右側の棚2枚。
特に洗面所は見どころが多いですが、現状この棚の黒い棒が印象的です。

この黒い棒は飾りではありません。
二枚の棚を支えるための、大事な柱です。
この棒は、棚の強度を増しかつデザイン的に主張しすぎず他のデザインをつなげる役割がある大事な柱です。
84.2015年12月14日
クロス工事 開始
クロス工事 開始
クロス工事 開始
クロス工事が始まりました。

天井や壁のボードとボードの間にパテを入れていきます(画像の白い部分)。
このパテは、粘土のようなものでボード間の段差や隙間を埋めてフラットにする役割があります。

なぜ、フラットにするのかというと段差や隙間があるとクロスを貼った後に、その部分が特に目立ってしまうからです。
85.2015年12月15日
クロス工事 クロス貼り
クロス工事 クロス貼り
クロス工事 クロス貼り
引き続きクロス工事中。

クロス業者の梅内さんが黙々と貼っていきます。
先日お伝えしたパテをやすりでよりフラットになるように削ります。クロスの裏面にオールハウスのこだわりのでんぷんのりをつけて、貼っていきます。
86.2015年12月15日
三宅塗装店
三宅塗装店
三宅塗装店
お施主様に確認中だった支給品のガラス。

木枠を塗装するかどうか検討していただき、塗ることに決定!
先日、玄関ドアのお化粧をしてもらった塗装屋さんが来れなかったので三宅塗装店にて塗装しました。

出来栄えは現場で確認お願いします。
87.2015年12月15日
足場解体!!
足場解体!!
足場解体!!
足場外しました。

長い間、足場という檻の中に入っていましたが、やっと解放されました。

イメージ通りに出来ていますでしょうか?

正面からみたらスッキリとしたスタイリッシュな見た目で、カッコいいですね。
2階トイレの配管は下塗りをしていますが、目立っていないように感じます。
88.2015年12月15日
玄関ドア お化粧完了
玄関ドア お化粧完了
玄関ドア お化粧完了
先日の玄関ドアのお化粧が完了しました。

ご希望通りの色に仕上がっていると思います。

土間があと、2週間ぐらいで完成するので、もうしばらくお楽しみに。
89.2015年12月16日
クロス工事 続・クロス貼り
クロス工事 続・クロス貼り
クロス工事 続・クロス貼り
引き続きクロス工事中。

あと、1~2日には終わりそうです。
明日から漆喰工事が入ってくるので、左官さんと干渉するところを優先に貼っています。
画像はその干渉するところの一つ。吹抜けです。

きれいに貼れています。
トイレのアクセントクロスも貼れていますが、現場で見てのお楽しみ!!
90.2015年12月22日
給湯器取付
給湯器取付
給湯器取付
給湯器が付きました。

正面からは隠れていますが、生活する上で欠かせない温かいお湯を作って貯めてくれます。
この時期は、凍結する可能性があるのでまだ稼働していません。

引渡し前には動かせるようにします。
91.2015年12月22日
洗面ボウル付きました。
洗面ボウル付きました。
洗面ボウル付きました。
洗面ボウル付きました。

背面のタイルがアクセントです。
92.2016年01月08日
建物完成!!
建物完成!!
建物完成!!
リビング 階段周り
93.2016年01月08日
建物完成!!
建物完成!!
建物完成!!
キッチン周り
94.2016年01月08日
建物完成!!
建物完成!!
建物完成!!
和室周り
95.2016年01月08日
建物完成!!
建物完成!!
建物完成!!
洗面所周り①
96.2016年01月08日
建物完成!!
建物完成!!
建物完成!!
洗面所周り②
97.2016年01月08日
建物完成!!
建物完成!!
建物完成!!
トイレ周り
98.2016年01月08日
建物完成!!
建物完成!!
建物完成!!
玄関まわり
99.2016年01月08日
建物完成!!
建物完成!!
建物完成!!
外観
100.2016年01月12日
外構工事 開始
外構工事 開始
外構工事 開始
外構工事が始まりました。

まずは、スキトリ。
コンクリートを流す部分の土を撤去します。
101.2016年01月12日
anion工法
anion工法
anion工法
アニオン工法。

オールハスオリジナルの人体に有害な物質を抑える液体を散布していきます。
液体自体は人体にも無害です。

一見すると、水?という感じがする液体ですが、目に見えない効果を発揮してくれます。